診療時間
9:00~12:00
14:00~18:00
土曜午後14:00~17:00【休診日】木曜・日曜・祝日
お気軽にお問い合わせください 電話番号0877-28-7183
〒763-0094 香川県丸亀市三条町90-2

土曜も診療|駐車場完備|香川県丸亀市にある宮武歯科医院

インプラント

丸亀駅の宮武歯科 医院歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
ホワイトエッセンス丸亀|審美歯科・ホワイトニング・PMTC専門医院
ホワイトエッセンス丸亀|キャンペーン実施中
一般歯科歯周病治療予防歯科小児歯科インプラント審美歯科入れ歯治療
MOBILE SITE
宮武歯科医院 QRコード

上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。

インプラントとは

インプラント(人工歯根療法)とは、歯が抜けたところに人工の歯の根っこを埋入し、その上から人工の歯をかぶせる治療法です。
インプラントは手術によって埋め込まれ、その後顎の骨としっかりと結合・固定されます。
インプラントを埋入することで、健康な自分の歯のように噛むことができます。

インプラントの特徴

自分の歯と同じ感覚で食べられる

インプラントは顎の骨にしっかりと固定されるので、硬い食べ物なども自分の歯のようにしっかりと噛むことができます。

審美性に優れ、見た目が自分の歯と遜色無い

入れ歯のように、歯を固定する金具が見えることはありませんので、見た目が自然で、お口の中が気になりません。

周りの歯を傷つけない

入れ歯やブリッジでは、周りの歯を使って人工歯を固定させるため、負担がかかってしまいます。
インプラントは周りの歯を傷つけずに治療できます。

歯を失った部分の骨の顎が痩せない

歯を失った後そのままにしておくと、顎の骨に刺激が無くなり、次第に骨が痩せていってしまいます。
インプラントを埋入することで、噛む力を顎の骨に伝え、骨が痩せるのを防いでくれます。

インプラントの治療の種類

インプラントは、従来の治療法とは異なり、治療すべき部分以外に負担をかけず、天然歯と近い状態にすることが可能です。

前歯を一本失った場合

従来の治療法(ブリッジ)
  • 両側の健康な歯を削る必要があります。

次へ

インプラント治療
  • 健康な歯を削ることなく、天然の歯と区別がつかない歯並びを再現できます。

奥歯を失った場合

従来の治療法(部分入れ歯)
  • 金属の止め具などに違和感を感じ、見た目も良くありません。
  • かたいものが安心して食べられません。

次へ

インプラント治療
  • 止め具などを使わないため、口の中に違和感を感じません。
  • しっかり固定されているので、かたいものを食べても安心です。

全ての歯を失った場合

従来の治療法(総入れ歯)
  • ガタつきがあると安心して食事ができません。
  • 入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛くなることがあります。

次へ

インプラント治療
  • 自分の歯のようなしっかりした噛みごこちで、安心して食事ができます。入れ歯のように外れる心配もありません。

総入れ歯が安定しない場合

従来の治療法
(入れ歯安定剤・入れ歯の作り直し)
  • 入れ歯安定剤では、人前で外れるなどの不安があります。
  • 総入れ歯の場合、あごの骨がやせて入れ歯が合わなくなることがあります。

次へ

インプラント治療
  • 入れ歯の支えにインプラントを使うことで、入れ歯が外れたりガタつくことがなくなり、口元に安心感が持てます。

他の治療法との比較

ブリッジや入れ歯について

これらの従来の治療法は、両隣の歯を削って人工の歯をかぶせます。

【デメリット】

  • 噛む際に、削られた歯に負担がかかり傷みやすいです。
  • 歯根のない歯茎は、噛むことによる刺激がないため、次第にやせてしまいます。

インプラントの場合

インプラントの場合は該当箇所に直接インプラントを埋め込み、その上に人工の歯冠を固定します。

【メリット】

  • 健康な歯を利用しないため、自分の歯を保てます。
  • 歯茎に噛む力がかかるので、歯茎を健康に保てます。

【デメリット】

  • 保険対象外につき、費用が他の治療法よりも高額になります。
  • オペが必要になります。
  • インプラント治療終了後も、定期検診が必要です。

治療の流れ

step.1 1回目の手術:歯ぐきを開きあごの骨に、インプラントを埋め込むための穴をあけます。しっかり固定するよにインプラントを埋め込み、歯ぐきを閉じます。治癒期間:3~6ヶ月 数か月で骨とインプラントがしっかりと結合するまで治癒を待ちます。

step.2 2回目の手術:インプラントが骨と結合したら、再度歯ぐきを開き、インプラントの頭を出します。治癒期間:2~4週間 歯ぐきが治癒するまで待ちます。

step.3 型取り:被せものを作製するための型取りを行います。製作期間:1~2週間 歯ぐきの治癒を待ちます。時間をかけて、きれいな人工歯を製作します。

step.4 完成:天然の歯と見分けのつかない人工歯をインプラントに装着し、お手入れの方法などを練習します。

※ご注意点
インプラント治療はどなたでもできるという治療法ではございません。
医師が治療可能かどうか一度ご確認致しますのでご来院をお願い致します。

インプラント Q&A

Q インプラント治療に年齢制限はありますか?
A 個人差はありますが、骨の成長がほぼ終了する最低16歳以上で、医学的・解剖学的に条件が満たされている限り、どなたでもインプラント治療を受けることができます。
Q インプラントの手術は痛いですか? 腫れますか?
A 口の中だけの局所麻酔をするので、手術中の痛みはありません。ただし、麻酔が切れてからは傷口の痛みが全くない訳ではありません。
手術後に痛みや腫れが出る場合がありますが通常はすぐに治まります。
Q 手術後のお口のお手入れはしなくて良いのですか?
A インプラントの寿命はお口のお手入れの状態で決まります。歯ブラシだけでなく、補助的な清掃用具(歯間ブラシなど)を必要とすることもあります。担当医や衛生士からお口のお手入れ方法の指導を受け、日頃の清掃に心がけてください。
必ず定期検診を受け、担当医からチェックと指導をしてもらうことが大切です。
Q 治療費はどのくらいかかりますか?
A インプラント治療は自費診療なので保険は適用されません。
インプラントの本数や人工歯の種類、あなたのお口の状態によって異なります。
詳しくは、担当医とよく相談してください。
Q 治療期間はどのくらいかかりますか?
A 2回法の場合、あごの骨に埋め込んだインプラントが骨と結合するのに、個人差はありますが上あごで約6か月、下あごで約4か月程かかります。
骨とインプラントが結合した後、頭出しの手術を行ない治癒を待つのに約4週間。その後、上に歯を入れるための期間が約2週間かかります。
Q インプラント手術のために入院する必要がありますか?
A インプラントを埋め込む手術は、麻酔を使いますが、通常は入院の必要はありません。手術当日に帰宅できます。
Q 以前の自分の歯と同じように噛めますか?
A インプラントはあごの骨に埋め込み、骨と結合するため、自分の歯と同じようにかむことができます。
Q インプラントはどのくらいもちますか?
A インプラントはチタン製で丈夫にできています。
定期検診と毎日のお手入れ次第で長期間ご使用いただけます。
このページの先頭に戻る